お風呂について

 寒い時期の楽しみといえば温かいお風呂。

   夏は烏の行水なのに、

   冬になると浴室にスマホやタブレットを持ち込んで

  長風呂を満喫する方も少なくないようです。

   ところで皆さんは、

   そんな冬場の長風呂が体に悪いことをご存知ですか?

   今日は、大切な家族の健康を守るために

  寒い時期の安全な入浴法についてお話しします。

   ■油断禁物

   国立循環器病研究センターの研究により、10~4月頃にかけて

  心筋梗塞の危険性が高まることが判明しました。

   心筋梗塞と言えば高齢者の病気というイメージがありますが、

   最近は発症年齢の若年化が問題となっており、

   35歳以下でも油断は禁物だと言われています。

   その理由の一つとして

  温度差によるヒートショックが心臓の負担を増やすことが

  挙げられます。

   ■冬場に心筋梗塞を防ぐための注意すべき10か条

   1.冬場は脱衣室と浴室を暖かくしておく。

   2.風呂の温度は38~40度と低めに設定。

    熱い湯(42~43度)は血圧が高くなるので危険。

   3.入浴時間は短めに。

   4.入浴前後にコップ一杯の水分を補給する。

   5.高齢者や心臓病の方の入浴中は、家族が声をかけチェック。

   6.入浴前にアルコールは飲まない。

   7.収縮期血圧が180mmHg又は拡張期血圧が110mmHg以上

    ある場合は入浴を控える。

   8.早朝起床時はコップ一杯の水を補給する。

    (睡眠時の発汗で血液が濃縮しているため)

   9.寒い野外に出る時は、防寒着、マフラー、帽子、

    手袋などを着用し、寒さを調整する。

   10.タバコを吸う方は禁煙を。

   ■皆さんのお風呂の温度設定は?

   昨年、リンナイが行った「入浴習慣」に関する意識調査によると、

   入浴時間の全国平均は15.2分。

   冬場の浴槽の温度設定で最も多かったのは42度でした。

   (なんと、51度以上という猛者が0.4%も!)

   安全で健康な入浴法は『40度以下のお風呂に10分』ですが、

   約3割の方は、ヒートショックの危険度が増す

  41度以上のお風呂で温まっています。

   ちなみに、『40度以下のお風呂に10分』の方は

  高温や長風呂を好む方より

  皮膚の乾燥、肩こり、頭痛、便秘、汗かき、薄毛など

  多くの項目において悩む割合が少ないことがわかりました。

   一方、41度以上の高温風呂に入ると、

   高血圧性疾患のリスクが高いことも判明しています。

   脱衣所が寒ければ、そのリスクはさらに増すことでしょう。

   皆さんのお風呂の温度設定は何度ですか?

   脱衣所の温度対策は大丈夫ですか?

   熱めのお湯での長風呂が習慣になっている方には

  物足りないかもしれませんが、徐々に調整して、

   安全で健康な入浴生活を楽しみたいですね。

   ■部屋が寒いと…

  暖かい部屋で過ごしている方は、

   41度のお風呂でも満足感を得られるとか。

   一方、18度未満の室内で過ごす人は

  42度以上のお風呂を好む傾向があります。

   室内の断熱性を高め、適切な暖房を行うなどして

  家族の健康管理に努めたいものです。