カラーバス効果について

カラーバス効果を利用して、情報を効率よく取り込みましょう!

人が一生の間に記憶できる量は3TB(テラバイト)という説があるとか。

2時間のDVDに換算すると367枚分です。

もちろん、これを信じるか信じないかはあなたの自由です。

しかし、もし自分の記憶量に限りがあるとすれば、

必要な情報を優先的に取り入れたいと思いませんか?

 実は、そんな都合の良い方法があるのです。

それは、『自分が欲しい情報を常に意識しておくこと』です。

もし、資金計画が思うように進まず悩んでいるのなら、

 「頭金○○万円を○年以内に貯めるために必要な情報が欲しい」

と、常に意識してみましょう。

すると、節約情報や長続きする家計簿のつけ方など、

お金に関する情報が集まりやすくなります。

あるいは、あなたの生活習慣や食習慣が体に及ぼす悪影響に関する情報を得て、

その習慣を改めたことがきっかけで、

それに使っていた費用を節約できるかもしれません。

もしかすると、

すき間時間を活かして安全な副収入を得られる情報も入ってくるかもしれません。

 欲しい情報を常に意識していると、その情報は集まりやすくなります。

これを私は『情報のアンテナ』と表現しています。

この豆知識でも時々お話しするので、皆さんも覚えているかもしれませんね。

これを心理学用語では『カラーバス効果』と言います。

ウィキペディアには、以下のように記載されています。

 『意識していることほど関係する情報が

自分のところに舞い込んでくるようになるといったものである。

  例えば、「今日のラッキーカラーは赤」といわれると、

街でその色ばかりに目が行くなども、カラーバス効果である。』

 皆さん、意識していることほど、その効果は高まります。

ただ、意識を高めるには、その目的をはっきりさせることが重要です。

 「家づくりを失敗しないための情報が欲しい」

といった漠然ではなく、

 「性能は標準的でいいから、健康にとことん配慮して、技術力があって信頼できる業者と」

と具体的に思い描いてみましょう。

 家づくりの情報は、必要なものから不要なものまでたくさんあります。

その中から必要な情報だけを取り入れるには、目的を明確にすることが大切でしたね。

それは、アンテナの性能を高めるために欠かせない作業です。

 前回、皆さんがどんな家づくりをしたいのか、

はっきりさせることが大切だとお話ししました。

それを文字にして書き記せるくらい、具体的にイメージしてみましょう。

 頭の中で思い描けても、文字として書けないほど漠然としていることがあります。

 箇条書きでも構いません。

 誰にも見せる必要はないので、自由に書いてみましょう。

どんな情報と出会えるか楽しみです。