シックハウスについて

春はアトピーが悪化しやすい時期です。

   その原因は、生活環境の変化によるストレスや寝不足、

   花粉や黄砂、寒暖差や乾燥、紫外線の増大など、

   心身に悪影響を与える原因が多い時期だからといわれています。

   ところで皆さんは、

   シックハウスがアトピーに関係していることをご存知ですか?

   ■原因

   シックハウス症候群の原因は、

   住宅の材料や家具に含まれる化学物質だけではありません。

   暖房器具から排出される一酸化炭素などの汚染物質、

   カビやダニ、芳香剤やタバコの煙なども含まれます。

   厚生労働省が従来、シックハウス症候群の原因として

  指定していたのは、ホルムアルデヒドなど13物質です。

   その指針値をもとに、住宅業界では指定物質の使用を控えてきました。

   しかし、シックハウスの被害が無くなることはありませんでした。

   昨年、15年ぶりにテキサノールなど3物質が追加されたことで、

   被害の減少が期待されています。

   とはいえ、指定物質の使用を控えるために使用する代替物質が

  健康被害をもたらす可能性は否めません。

   ■症状

   アトピーやアレルギーの悪化の他、頭痛やめまい、

   くしゃみや鼻づまり、耳鳴りやだるさなど、

   他の病気と間違いやすい症状が全身に現れます。

   同じ家で過ごす家族でも、

   年齢や体質、居住時間などによって症状が異なります。

   ■対策

   コンクリートとは異なり、紙や木には調湿機能があります。

   集成材とは異なり、天然木に接着剤は使われていません。

   理想は、自然素材を使用した木造住宅です。

   ただ、ヒノキに含まれるヒノキオール(防虫成分)など、

   化学物質過敏症の方などに要注意の自然素材もあります。

   家具を選ぶ際は、

   化学物質の放散量を示すマーク(F☆☆☆☆)を確認。

   普段の生活では、

   湿気や結露を防ぐため、換気を欠かさないようにしましょう。

 

  ■浴室と寝室でケア

  体内に入った化学物質は、尿や便、呼吸や汗から排出されます。

   シャワー浴ではなく、浴槽でじっくり温まりましょう。

   また、抵抗力を高め、症状の悪化を防ぐには

  質の良い睡眠が欠かせません。

   温度や音、光などに配慮した快適な寝室でケアしましょう。

   化粧品やシャンプーなど、身近なものの

  素材や添加物にはこだわりが強いのに、

   住宅や家具の素材や添加物には関心が薄い方がいます。

   予算が少ないからと諦めているから?

   ただ単に、そのリスクを知らないから?

   皆さん、理由が気になりますね。