ペットを飼うについて

「新築したらペットを飼いたい」

   皆さんは、そう思ったことありませんか?

   ペットフード協会が発表した

  「平成28年 全国犬猫飼育実態調査」によると、

   日本で飼育されている犬は約988万頭。

   猫は約985万頭です。

   その他にも、インコやウサギ、フェレットなど、

   さまざまな種類の動物が家族の一員として暮らしています。

   今日は、そんな大切な家族のお話です。

   ■年間支出

   アイペット損保は、犬・猫飼育者を対象として

  ペット関連支出に関する調査を行いました。

   年間支出額は以下の通りです。

   ●犬飼育者

    ・5万円未満・・・・・・・・・29.7%

    ・5万円以上10万円未満・・・26.7%

   ●猫飼育者

    ・5万円未満・・・・・・・・・43.2%

    ・5万円以上10万円未満・・・27.7%

   ちなみに、想定以上にお金が掛かったのは、

   『病気やけがの治療費』だそうです。

   ■犬・猫以外は?

   アニコム損保の調査によると、

   他の動物の年間診療費は以下の通りです。

   鳥・・・・・・・・約3万円

   うさぎ・・・・・・約5万円

   フェレット・・・・約9万円

   ところで皆さんは、動物病院によって

  診療対象動物が異なることをご存知ですか?

   犬と猫しか受け付けない病院もあれば、

   亀やトカゲ、ウーパールーパーまで診る病院もあります。

   診療科目も異なるので、ペットを飼う前に

  新居の周辺の動物病院を調べておきましょう。

   ■ペットに優しい住環境は必須

   一般的なフローリングは滑りやすいので、

   ペットの脚や股関節には大きな負担が掛かります。

   それが原因で脱臼やヘルニアなどを患い、

   長期治療が必要になることもあります。

   ペットの健康を保つには、ペット対応の滑りにくい床が欠かせません。

   ニオイを減らすための消臭機能、

   汚れや傷が目立ちにくい色合いの素材選びも大切です。

   また、鳥類が壁紙をかじる、ウサギが電気コードを咬む、

   猫が高い場所に上るなど、ペットの行動には特徴があります。

   なので、それぞれに応じた対策も必要です。

   その他、鳴き声が大きい種類のペットを飼う場合や、

   しつけに自信が無い場合などは、

   後々のトラブルを防ぐために防音対策の検討も必要でしょう。

   皆さん、人間と同様、ペットも年齢を重ねるほど、

   病気やけがのリスクは高まります。

   空間づくりや飼育費など大変なこともありますが、

   大切な家族の一員のために精一杯の配慮をしたいですね。

 

  ■ペットアレルギー

  犬や猫、ウサギなどを飼育する人が増えるにつれて

  問題になっているのが『ペットアレルギー』。

   直接触れなくても、

   同じ空間にいるだけで発症する可能性があります。

   咳や鼻水、目や皮膚のかゆみや腫れ、

   喘息や呼吸困難、倦怠感など、さまざまな症状が現れます。

   ペットの糞尿、抜け毛やフケ等に含まれるアレルゲンの除去のため、

   掃除や換気をしやすい環境を整えましょう。