住宅ローンと生命保険の考え方について

『住宅ローンと考えないで、生命保険として考えるべきです。』

  理由は二つあります。

 『第一の理由』は、住宅ローンをきちんと選び、リスクを考えたなら、    

 『住宅ローンと考えないで、生命保険として考えるべきです。』

  もう少し分かりやすく言いますと、契約者に万が一のことがあった場合には、

その時点での残金は完全に消えますから、

もう残金は、払わなくても良い、ということになります。

その時に繰り上げ返済などをしないで、

 手元にお金を持ちながら、徐々に住宅ローンを返済していたなら、

 住宅ローンはチャラになり、おまけに手持ち資金も残ります。

  残されたご家族は、明日から住宅ローンが一切なくなり、

おまけに生活費と、教育費も残る、ということになります。

  ですから、リスクを考えた、住宅ローンならばまとめて返さなくても、

 毎月きちんと返済していくのが、ベストということです。

  次に、『二つ目の理由』ですが、繰り上げ返済をしても、

 今日、明日その生活に、何の得もないのではないでしょうか?

  かえって、繰り上げ返済することによって、

 手持ち資金の流動性が亡くなり、生活不安になりかねない、

ということも理解しておいてください。ですから、

このようなことを考えると、やはり繰り上げ返済は、

しないほうが得策だとお分かりいただけたと思います。

ちなみに、繰り上げ返済すべき人とは、   

 1、資産が有り、近い内にそれを売却する事により、

   そのお金が今現在必要とされていない場合、

 2、相続などで、必ずもらえるという確信のある方、

 3、お子様が、いないとか、資金に、余裕のある方、

  これらの方は、返済開始から1日でも早く、

 繰り上げ返済された方が断然お得です。