位置指定道路について

それって何?その注意点は?
位置指定道路とは、建築基準法上の道路のひとつで、
特定行政庁が道路位置の指定をした道路です。
ちょっとわかりにくいですね。
では、広い土地を複数に分割して販売しているチラシを思い出してみましょう。
 公道に面していない区画に、新しい道路がありますよね。
それにより、全ての区画が道路に面するように設定されていることでしょう。
その新しい道路が『位置指定道路』です。
この時、その道路が位置指定道路として認められていなければ、
その道路にしか接していない区画に建築をすることができません。
ところで、なぜ位置指定道路が必要なのでしょう。
じつは、以前『接道義務』についてお話しした中に、そのヒントがあります。
 皆さん、建築基準法には
「建築物の敷地は、幅員4m(地域によっては6m)以上の道路に
2m以上接しなければならない」
と定められていましたよね。
 位置指定道路は、その条件を満たすために欠かせない道路なのです。
この道路がなければ、新築も建て直しも売却もできません。
ここで気を付けたいのが、『位置指定道路の所有者』です。
その分譲地を販売した業者や、もともと所有していた個人、
位置指定道路を利用する人々の分割所有など様々なケースがあります。
さらに、無料で利用できる場合もあれば、使用料が必要になる場合もあります。
 皆さん、位置指定道路をあなた以外の個人や業者が所有している場合、
トラブルが起きる可能性はゼロではありません。
 事例として、
・無料で利用できていたのに、一方的に有料化を告げられた
 ・自宅を建て替えたいのに、
道路所有者の許可を得られないために建て替えできなかった
 ・家族以外の車の通行を禁止された といったケースがあります。
そんなトラブルを避けるためには
 ・位置指定道路の所有者を確かめる

(地方公共団体などの公的機関が所有者ならトラブルは少ない)
・土地購入の際、位置指定道路の共有持ち分も一緒に購入する
 といった対策は欠かせません。
 皆さん、家づくりでは、知らなかったために
トラブルに巻き込まれることが少なくありません。
 分譲地を候補に加える際は、位置指定道路のことを思い出してくださいね。