土地の値切り方について

前回の話は、土地の値段は定価じゃありません。

 目一杯値切って下さい(笑)でしたね。

 皆さん、ただ、値切り方にはコツがあります。

 今日は、それを話しましょう。

まず、買値があなたにとって妥当な値段であることを説明するのです。

ただ単に100万円安くして欲しいでは、なかなか値段は下がりません。

しかし、現在の年収が400万円で、建築予算は2,500万円です。

そして、建物に最低1,600万円必要なので、土地代は900万円、これが限界なのです。

だから是非、900万円で譲って下さい。

900万円であれば今すぐ契約します。

このように交渉すれば、単に100万円引いてと言うより、安くなりやすいです。

 重要なことは、理由を設けることです。

しかも、相手が納得できるような理由、根拠のある理由を示せば良いのです。

先日私がアドバイスした方は、不動産屋と交渉して、1,500万円が1,300万円になりました。

 交渉で、200万円安くなりました。

 遠慮していたらダメです。

まずは、値切ってみて下さい。

なぜなら、値切っても土地は変わらないからです。

 言い値で買うのは最後、どうしてもそこが欲しいのなら仕方ないですが。

 今日は、土地は探すのではなく選ぶものと言う話でした。

そして、土地は値切らないと損。

 遠慮せず、まずは値切ってみて下さい。