土地を選ぶ時の順序について

前回は、土地選びの具体的な手順の話でしたね。

 実際に土地を選ぶ時の順序ですが、動き出す前に決めておくことがあります。

 『夫婦の価値観をすり合わせておくこと。』

 奥さんは生活の便を優先させたい。

しかし、ご主人は環境重視。

 逆もありますが、そういう場合、どのように意見調整するかですね。

 前もって十分話し合っておかないと、後でもめることになります。

ですから、土地選びを始める前に、夫婦の価値観をすり合わせておいてください。

そして、皆さん、誰を中心に土地を選ぶか?

 子ども、ご主人、奥さん、誰を中心に選ぶかで場所が変わってきます。

 子ども中心なら、学校区を考えますよね。

ご主人中心なら、職場に近いところ。

 奥さん中心なら、生活の便かもしれませんね。

 誰を中心に考えるかによって選ぶ場所がまったく違ってきます。

だから、前もって決めておいてください。

それから、もうひとつ、考えておくことがあります。

それは、建物と土地のバランスです。

よくあるのが、建物のことをあまり考えず、土地を買ってしまうことです。

その場合、欲しい所は高いので、少々無理してでも買ってしまう。

そうすると、建物にかけられる予算が限られることに…。

 順番が逆なのです。

 「こんな家に住みたいから、それにはこのくらいの予算が必要。」

 「総予算がこれだけだから、土地の分はこれだけ。」

 皆さん、土地だけ買うわけではないので、土地と建物はセットで考えてください。

そして、建物にこだわりをもって、土地選びを進めてくださいね。

これから、土地選びの具体的な手順を話します。

まず、前々回からの不動産価値、夫婦の価値観、誰中心、予算配分。

その結果、絞られた地区、地域がありますね。

その地域の売り物件を、全部拾い出してください。

 次に、その集めた中で、もっと詳しく知りたいと思う土地だけ選び出してください。

それから、それらを不動産屋さんに全部資料請求してください。

そして、資料請求した中で実際に見に行きたいなと思えるところをピックアップしてください。

 皆さん、ピックアップしたところを、実際見に行ってください。