土地選びの具体的な手順について

今日は、前回の土地選びの具体的な手順の続きです。

 見に行きたいなと思えるところをピックアップして、実際見に行ってください。

その中から、「ここだったら」というのを、3つぐらいに絞ってください。

 3つに絞りこんだ段階で、プロと一緒にそこへ見に行きます。

 皆さん、プロと言うのは、建築のプロのことです。

では、なぜ、建築のプロと一緒に見に行かなければいけないのか?

それは、不動産屋さんは、土地についてはプロですが建物は素人の方が多いからです。

 不動産屋さんは、建物について良くわからないのです。

もちろん、法律上のことは、プロですから分かります。

しかし、その土地にどんな建物が建つかというアドバイスはできません。

 土地だけ買う場合は別ですが、通常、その土地に建物を建てるわけですよね。

そこへ、建築のプロと一緒に見に行ってください。

そこにどんな建物が建つかをその場で助言できる人と一緒に見に行く必要があるのです。

そうしないと、どの土地を買って良いかの判断がつきません。

そこで、建物のプロと一緒に行き、それぞれを比較検討するわけです。

そして、その中から最もふさわしいところを選んでください。

 多くの場合、土地は不動産屋さん任せで、言われるまま決めています。

だから、後で困ることがいろいろと出てくるのです。

 皆さん、これが、土地を買う時の手順です。

 1.地域を決定する。

2.その地域の売り情報をすべて集める。

 3.興味のある土地情報だけを資料請求する。

 4.買ってもよさそうな土地だけを見に行く。

5.3か所に絞り建築のプロと見に行く。

 6.プロのアドバイスに基づき1つに決める。

この順番を間違えると、自分にふさわしい土地に巡り合えなくなります。

 皆さん、土地が見つかったら、次は業者選びですね。

しかし、この業者選びが、また大変なのです。

なぜかと言うと、業者の数が多いからです。

 人口100万人に対し、家を建てることができる業者は約1000社あります。

その1000社の中から、自分にふさわしい1社を選ぶことになるわけです。

だから、それは至難の技なのですね。