家と病気について

前回まで、失敗しない住まいづくりの5つのポイントについてお話ししました。

 今日は、家と病気の因果関係について話します。

 実は、住まいは病気とすごく関係があります。

 住まいが原因の病気と言うと、シックハウスを思い浮かべると思います。

しかし、シックハウスはほんの一部で、もっと大きな問題があるのです。

ところで皆さん、戦後最大の欠陥商品といえば何でしょう?

 住まいの話をしているわけですから、想像がつきますよね。

そう、最大の欠陥商品は、『家』なんです。

その責任の大半は、ハウスメーカーと国の政策にあります。

 日本は戦後、焼け野原になり住むところがありませんでした。

ですから、早くたくさんの家を用意しなければいけなかったのです。

それで、プレハブ式の住宅が開発され、それを政府も後押ししてきたわけです。

いかに早く大量に家を供給するかが最大の課題でした。

そういう点においては目的を果たしました。

しかし、一方で沢山の問題も起きました。

その一つが、病気です。

さて、病気と言うと、興味深い話があります。

 皆さんが初めての病院に行ったとします。

その時、医者はどんな質問をしますか?

おそらく、「どうされましたか?」

と聞かれますよね。日本では。

しかし、スウェーデンは違うのです。

スウェーデンの医者は、どうしましたかとは聞きません。

 「あなたはどんな家に住んでいますか?」

これが最初の質問です。

なぜなら、その人の住環境が分かると、病気の原因が分かるからです。

 例えば、日当たりが悪い、風通しが悪い、狭い、不衛生、悪臭がする、騒音がする。

こういう家に住んでいたら、元気な人でも病気になりますよね。

だから病気というのは、医者に行く前にすべきことがあるわけです。

 多くの原因が、建物に起因しているからです。

さて、皆さん、病気を引き起こす家が抱えている問題は3つです。

まず、使っている建材です。

 問題を起こしている建材は、ほとんどが工業製品です。

 塩化ビニールのクロスなど、石油を原料としている製品です。

 接着剤も有害物質を含んだものが多いですね。

こうした工業製品の建材が、身体的、精神的な病気を起こしているのです。