新生活というタイミングについて

結婚と同時に!

  新婚の若い二人が新居をつくることは、

まさにこれからの暮らしの夢を描くことと言えるでしょう。

  若い人には資金面で無理があるようにも思えますが、

 家を買わなかったとしても、新生活には何かとお金がかかります。

  賃貸でアパートなどを新しく借りると、家賃2ヶ月分、敷金2ヶ月分、

 礼金1ヶ月分程度の現金が必要です。

  加えて引っ越し費用、結婚式や新婚旅行と物入りであることから、

いっそのこと「今、家を買おう」と考える人は意外と多いのです。

  できあいのアパートに入るとなれば、

それに合わせた家財道具も必要になりますが、

 家づくりをするなら収納で工夫をするなど、家具を減らすこともある程度可能です。

  親が所有している土地がある場合などには、家づくりの追い風となります。

  これから結婚、そして新生活というタイミングで、

 家づくりについて少し考えてみるのもいいでしょう。

子供の入学というタイミングについて

 家づくりのタイミングとしてもっとも多いのは、

 子供が小学校に上がる時期に合わせる、というケースでしょう。

  いずれ新築するなら就学に合わせて、と考える人が多いのは、

 子供を小学校の途中で転校させたくないと思うためです。

  転校させずに小学校の途中で家づくりをするためには、

 学区内で物件を探さなければなりません。

かなり範囲が限られてしまうことになり、条件も限定されます。

  転校は子供にとっては大事件です。

 家が変わることより、学校が変わり、

 友達や先生が全て入れ替わってしまうことのほうがずっと大きな事件かもしれません。

  子供に転校の苦労をさせたくないと思う親心から、

 就学のときに小学校選びも条件に含めて土地を探し、

 家づくりに踏み切る人が多いことになるのです。