50代というタイミングについて

娘さんを新居から嫁がせたい

 50代となり、子供たちはすでに就職していて、

 娘さんの結婚を控えて新築したいと思われるケースもあります。

  親心というものは、子供が何歳になっても変わりません。

  何十年来暮らしてきたマンションや賃貸住宅からではなく、

 新しい家から娘を嫁がせたいと願う気持ちは切実なものです。

  娘さんが嫁いだ後、夫婦二人の新しい生活を始める場として、

 新居を計画されるといいでしょう。

  50代で家を買う人は、自己資金の割合が多いことがほとんどです。

  中には早期退職で得た退職金を充てるというケースもあります。

  

  自己資金が多ければ、ローンはほとんど必要としません。

  従って、何十年も金利を払わなくて済むという考え方もできますね。