家の間取りについて

前回は、住環境と病気には深い関係があると言う話でした。

 家を快適な環境にするなら病気を防ぐことができます。

 今日は、前回の続きで家が抱えている問題の2つ目、家の間取りです。

 私が子どもの頃は、子ども部屋がありませんでした。

 田の字型で、ふすま一枚で全部が繋がっている、そう言う家でした。

だから、今のような個室はありませんでした。

それが、戦後、プライバシーを重視した家になりました。

 個々の独立した部屋とLDKと言うプラン。

しかも、それぞれの部屋が狭くて、密閉された空間です。

だから、窮屈で精神的な圧迫を受けているのです。

 皆さん、睡眠が充分に取れない家って結構あるのです。

 食事を取らないと体が動かせませんよね。

 同様に、充分寝ていないと疲れが取れません。

だから、頑張って働こうと言う気持ちにならないのです。

 3つ目の問題は、住環境です。

 皆さん、どういう環境が一番熟睡できるのでしょう?

 参考になるのが超高級ホテル。

一泊1万円ぐらいじゃダメですよ。5万円以上するようなホテルです。

そう言うホテルに泊まると、とても快適に眠ることが出来ます。

ベッドはもちろん、音も照明もそうです。

 遮音性に優れているので、静かです。

カーテンを閉めれば、真っ暗になります。

 真っ暗で音がしないこと。それが快適に眠るための条件です。

 皆さん、自宅でも、工夫すれば出来ますよね。

 音がするなら耳栓をする。暗くしたいのであればアイマスクをする。

そうすれば熟睡できる環境になり、ゆっくり休息が取れるので病気になりにくいのです。

 先日も少し触れましたけど、音とか日当たりとか臭いとか風通しとか。

これらのことに気をつけて考えてください。

そういうことを、あまり考えずにやっている人が多いですね。

 日当たりや風通しは皆考えます。

しかし、臭いとか、音とかいうのは案外気にしないようですね。

 皆さん、実はそういうことがストレスの原因になっているのです。

 一日中、騒音がしていたらやっぱり落ち着かないですし、安らげないですよね。

それから、最近の家は、日本の気候に強制的に対処する家になっています。

 暑さ・寒さや湿気対策は機械が行っています。

 日本は、特に湿気が多いので、湿気対策は自然にできるほうがよいですね。

その点、昔の家はそれができていました。

 自然に、柱や壁や天井が湿気を吸ったり吐いたりしていました。

そういう家だと病気も起こりにくいのです。

しかし、強制的に機械が湿気の無い環境を作るから、他に影響が出るわけです。