庇(ひさし)について
見栄えを重視する住宅は新築時に設置しない場合もありますが、
夏の直射日光を防げなかったり、
急な雨で室内が濡れたり、庇の無い窓は何かと不便です。
これから夏に向けての時期は、特に不便を感じるシーンが増えることでしょう。
それを解消するため、後付けできる庇があります。
 設置する際、最も気を付けたいのが雨水の侵入です。
 外壁に設置する際の施工不良だけでなく、釘の穴から雨水が侵入することもあります。
また、外壁の種類や強度によっては、後付けできない場合もあります。
さらに、庇の材質や長さを制限しなければならないこともあります。
 最適な庇を選ぶため、まずは施工業者か専門業者に現況をチェックしてもらいましょう。