床の影響のついて

床が、かかとの乾燥やひび割れに影響を及ぼす!
冬から今の時期にかけて、かかとの乾燥が気になりませんか?
 CMや雑誌、テレビ等で毎年のように話題になるということは、
かかとの乾燥やひび割れで悩む人は、かなり多いのでしょうね。
その予防に欠かせないのが保温と保湿。
 靴下などでクッション性を増し、足裏への刺激を減らすことも大切です。
ところで皆さん、かかとには皮脂腺が無いので、
 体の中でも特に乾燥しやすい部分です。
エアコンやコタツ、床暖房などは、ただでさえ少ない足裏の水分を奪います。
つまり、冬はかかとにとって最悪な環境なのです。
では、最悪な環境を少しでも改善する方法はないのでしょうか。
まずは、足裏への刺激を和らげる床材について考えてみましょう。
 工場生産されたフローリングは表面が固いので足裏への刺激が大きく、
その冷たさが血行を悪くします。
 一方、自然素材の床は、工業品より感触が柔らかいだけでなく、
 熱伝導率が低いので冷たさが緩和されます。
その調湿機能も、肌にとってはありがたいものです。
 自然素材といっても、種類によって硬度は異なります。
 比較的柔らかいのは、パインやヒノキなど
細胞の配置が単純な針葉樹です。
しかし、柔らかいという長所は
 キズがつきやすいという短所にもなります。
そのリスクは理解しておきたいですね。
 次に、乾燥させないで足元を暖かくする方法を考えてみましょう。
 乾燥しにくく肌の水分を奪わない暖房方法といえば
 オイルヒーターやハロゲンヒーターなどでしょう。
これらは、遠赤外線を利用した輻射式暖房なので空気を対流させません。
そのため、室内が暖まるまで時間はかかります。
しかし、ホコリを巻き上げないので、
ハウスダストアレルギーの方にも優しい暖房法です。
 暖房器具の使用を控えたいなら、室内の断熱性を高めるのが一番でしょう。
 一口に断熱といっても、その材料や方法によって費用や性能が異なります。
もし皆さんが冷えや乾燥で悩んでいるなら、
 家づくりの打ち合わせの際、業者に悩みを話してみませんか?
その業者がどんな方法を提案するのか、私も気になります。