建物本体以外にかかる費用について
どの住宅メーカーも、『建物本体価格○○○万円、坪○○万円』と言います。
では、この建物本体価格だけで、生活ができるような家になるのか?
と言うと、決してそうではありません。
 車も車両本体価格だけでは道路を走れません。
 税金や付属品、また燃料を入れないと走れませんよね。
 建物も一緒です。
 建物本体価格以外に、かかる費用があります。
実際にかかる費用はハウスメーカーと言われるところで、建物本体価格が全体の75%ぐらい。
ですから、余分に25%みておかないと、実際には生活できません。
そして、地元の工務店が大体85%。
だから、余分にかかる費用は15%でいいわけです。
それから、坪25万円とか言っているところは、本体価格の割合が非常に低いのです。
 約65%ですから、35%余分にみておかないといけません。
 実際、坪25万円でも、最終的には坪40万円になっています。
それは、本体価格の中には最低限のものしか含まれてないからです。
 最低限のものとは、例えばキッチンやバスタブが付いてなくても、家としての許可はおります。
 極端な例ですが、何にもない状態でも坪単価を言えるのです。
 本体価格の内容は一軒一軒多種多様であり、それらを同じ土俵では比べられないのです。
 単純に坪単価だけで判断すると、総額で高くなる場合が多いです。
もし、金額で比べるのであれば、「住める状態にしていくらですか?」と聞いてください。
ざっくり、本体価格の割合は、ローコスト65、ハウスメーカー75、工務店85と覚えてください。
それから、皆さん、建物本体以外にかかると言えば、税金ですね。
これには、ローンの手続きも含めて100万円ほど必要です。
 多くの人は、坪単価に坪数をかけて、建築費を計算します。
それで、実際より安く見積もります。
しかし、約400~500万円は余分にかかります。
 坪数×坪単価に400~500万円を足したものが建築予算です。
だから、本体価格以外の費用を見てないと資金が足りなくなってくるわけですね。