理想と現実について 

 身の丈以上の家を購入し、失敗していく人達・・・

『土地はやっぱり80坪はほしいな』

 『それに15帖のリビングに、子供部屋も8畳ぐらいないと』

 家を建てたいと思っている多くの人たちは、大きな夢を語ります。

  それもそのはず、あなた達の子供のころに育った家は、座敷もあり、

 納戸もあり、そして車庫もありました、あなたのお父さん、

お母さんは一生懸命働いて、コツコツと今の家の状態までに、してきたはずです。

  立派だと思います、 でもその陰には、戦後の何も無い状態から、

 高度経済成長という、世界でもまれに見る、経済背景が、

あったお蔭でもあります、しかし、残念ながらこれからの時代は、

そういったわけにはいきません、給料は、昔のように、

 右肩上がりで上がらず企業の寿命も、だんだん短くなってきているのが現状です。 

そういった中で、アパートから脱出、新築の威容を立てるとなると、

やはり何回も言う様に、リスクを考えて、行動を起こさなければなりません。

  万が一、会社が倒産したり、リストラに会ったり、会社を変えた場合でなければ、

たちまちローン地獄に、陥り、貴方の家族は、破綻します、

そうならないためにも、あなたのお給料から、限界ラインの計算の仕方を下記に、

 記しましたので、ご自分の年収と、照らし合せてください。

  どうですか。この金額が、ローンで、破綻しない。絶対金額です。

あなたのお給料の総支給額*0.3÷12=〇〇円

 例1)年収300万円

300万円×0.3÷12ヶ月=75.000円

 例2)年収250万円

250万円×0.3÷12ヶ月=62.500円