良い土地の情報について

 不動産会社に行った人だけ得をする!

 「ネット上で土地探しをすると、どのサイトも同じような情報でウンザリ・・・」

そんな経験はありませんか?

 本当に良い土地の情報は、情報として広く発信されることは少ないといいます。

その理由は、新しい物件が出た際、

まずは不動産会社に土地探しの依頼をしている人やお得意さんに紹介するからです。

それでも買い手がつかなかった土地を、

広告費や人件費を使ってチラシやインターネットなどで宣伝するという仕組みです。

 不動産会社に行くか行かないか。

ただそれだけで入手できる情報量が増えるとしたら・・・。

しかも、新鮮な情報を入手できるとしたら・・・。

これはもう、行かなきゃ損だと思いませんか?

もちろん、すべての会社がそうしているわけではないでしょう。

しかし、少しでも新鮮な情報を手に入れたいのであれば、

定期的に複数の不動産会社を訪れたいものです。

 何度も訪れて会話を交わすことで、

土地選びのポイントなどの役立つ情報を得られるかもしれません。

 土地選びの条件や予算などを正直に話し、

誠実な対応を続けることで信頼関係を築くこともできます。

また、回数を重ねることで、不動産会社の良し悪しを見分ける目も養えます。

もし可能なら、

まずは、希望地域の土地を対象とする不動産会社全てを訪れてみませんか?

その後、あなたの基準でふるいにかけていくといいでしょう。

 見る目を養うには、どうしてもある程度の時間が必要です。

その経験は、施工業者選びにも役立つと思います。

ところで皆さん、場所や金額だけ見て土地を探すと、

思わぬ失敗をすることがあります。

なぜなら、すべての宅地には建蔽率や容積率、

用途地域などが設定されているからです。

これらをよく理解した上で土地を探さないと、

希望通りの家を建てられない恐れがあります。