居心地が良い場所について

居心地が良い場所を観察しましょう!

こんにちは、皆さん。

 先日のテレビ番組で、施主が

「家づくりの際、壁紙にこだわって、数種類の『白』を使い分けた」

と話していました。

 現場の職人さんも、使い分けるのが大変だったとか。

なのに、完成した住まいを見た時、

 「選んだ私自身でも見分けがつかない。これなら、あんなにこだわる必要は無かった」

と施工主は苦笑いしたとのことです。

 壁紙や外壁などを選ぶ時、施主は分厚い見本を手渡されます。

 100種類以上の中から選ぶのは大変な作業です。

 迷った挙句、部屋ごとに異なる壁紙を使う人もいます。

ただ、それが住み手に満足感を与えるかどうかは、しばらく暮らしてみないとわかりません。

 失敗したくないと思うと、ますます迷ってしまいそうですね。

そんな不安を回避する方法があります。

それは、皆さんの好きな場所を観察することです。

よく行くお店、美術館、児童館、図書館、友達の家など、お気に入りの空間をじっくり観察するのです。

その際、壁紙だけではなく、床材や照明器具など、気になるものをアップで撮影しておきましょう。

 (撮影許可をいただいてくださいね)

 逆に、落ち着かない空間や居心地の悪い空間もチェックしましょう。

そのような場所に行く機会はあまりないでしょうが、もしあったら、それはそれで貴重なシャッターチャンスと言えるかもしれません。

そういえば、子育てに奮闘中の知人が、

・玄関や階段、スイッチ周辺の壁紙は手垢で汚れやすい

 ・凹凸がある壁紙は、埃が溜まりやすくて汚れを落としにくい

 と愚痴をこぼしていたことがあります。

 確か、住んで間もない頃は

「凹凸部分に朝日が当たると、壁紙の表情が変わる」

と嬉しそうだったのですが・・・。

 長所も短所も聞ける体験談は、とても貴重です。