計画の立て方について
住まいづくり失敗しないための秘訣2つ目は、計画を立てるということです。
もちろん、家づくりを考える時、計画は立てています。
でも、多くの場合、家が建つまでの事しか考えません。
それは、短期的な計画です。
しかし、実際住み始めると、5年も経てばメンテナンスが必要になってきます。
5年と言えば、すぐです。
そして、10年も経てば水周りなど、ある程度費用のかかるメンテナンスが発生してきます。
 皆さん、だから、短期的な計画だけでなく中期的な計画を立てることが必要です。
 要するに、リフォームやメンテナンスにかかる費用も計算しておかないといけないのです。
さらにもう一つ、長期的な計画を立てるべきことがあります。
 皆さん、30年も経つと、大規模なリフォームや建て替えが必要になってきますよね。
また、相続ということも考えなければいけません。
それら全てを考慮して家を建てないと、後で損することになります。
だから、住まいづくりで失敗しないための重要な要素は、綿密な計画を立てることです。
 特に、中期的、長期的な事を考えて計画を立てるべきですね。
ところで、皆さん、時々聞かれることがあります。
 「いつ建てるのが一番いいのでしょうか?」という質問です。
それは、その人の置かれている状況によります。
しかし、私の答えは2つに1つです。
 子どもを中心に考えているなら、今すぐ。
また、夫婦中心なら、子どもが巣立ってから建てる。
そして、それを決めるのはあなたたちです。
 私は、そうアドバイスしています。
先延ばしにしていると、子どもと一緒に過ごす時間が年々少なくなっていきます。
だから、子ども中心なら今すぐ建てたほうが良いのです。
しかし、あと2~3年で子どもが居なくなるのであれば、待った方が良いと思います。
 2人だけの家なら、同じ予算で、小さくても豪華な家が立てられます。
 皆さん、つまり、家は今建てるか、夫婦2人になって建てるか。
このどちらかです。
 私の知り合いですが、80歳を過ぎてから夫婦だけの家を新築した人が居ます。
 何故って?
お金を残してもしょうがない。
 老い先短いからこそ、いい家に住み、そこで死にたいと。
そういう家づくりもあります。