退職後のマイホーム購入について

退職後に家は買えない?

  住宅ローンは一般的に30年、35年と支払うものです。

  従って、50歳を越えて定年した人には借りにくいような気もします。

  実際のところはどうなのでしょうか。

  団塊の世代が一斉退職した時代を迎え、

 退職金と貯蓄で自己資金に余裕のある人の中には当然、

これから家を新築したいと考える人もいます。

  そこで各金融機関では、従来の住宅ローンのみならず、

シニア世代が借りやすいローンを開発しています。

  返済期間30年以内、50歳以上の人だけが借りられるローンなどというものもあります。」  いろいろな金融機関をあたって、情報を集めてみましょう。

すでに仕事をリタイアしていても、それまで20年30年と働いてきたことが、

 実績としてローン審査の際の評価につながります。

  また、親子2代で支払う親子ローンというものもあります。

2世帯住宅を建てたり、つくった家をいずれ子供に譲ったりする場合には、

この返済方法を検討してみてもいいでしょう。

  退職後にもたくさんの選択肢があります。

  諦めず、家族や金融機関によく相談して、

あえてこのタイミングでの家づくりに踏み切ることは十分に可能です。