電気製品事故について

 ■電気製品事故のトップはエアコン

  経済産業省が発表した

  平成28年度の電気製品の事故内訳を見ると、

   エアコンが全体の12%を、

   扇風機が4%を占めています。

   事故の原因は、製品に起因するものや経年劣化のほか、

   ・故障状態を知りながら使い続けた

  ・使用者が修理や改造を行った

  ・設置者による施工不良

   などが挙げられています。

   そのほかにも、今の時期ならではのリスクがあります。

   それは、『エアコン洗浄』です。

  ■洗浄は慎重に

  エアコン内部には、電源配線や電源基盤などがあります。

   そこに洗浄液が付着すると発熱する恐れがあるのです。

   NITE(独立行政法人 製品評価技術基盤機構)によると、

   エアコン室内機の内部洗浄に起因する火災は

  2001年7月以降で少なくとも87件発生しているとか。

   この中には、洗浄の専門会社が内部洗浄したケースも含まれています。

   プロでも火災のリスクがあるほどの場所。

   市販の洗浄スプレーを用いる際は、

   注意書きに従い、より慎重に作業したいですね。

  ■その扇風機、何年製ですか?

   扇風機の寿命の目安は6~10年。

   しかし、それ以上に使う人は多いとか。

   中には40年以上使っている事例もあります。

   ちゃんと動くから問題ないと思っても、

   ・焦げ臭いにおいがする

  ・時々変な音がする

  ・部分的に熱くなる

  ・コードやプラグに傷がある

  などの症状があれば、使うのは止めましょう。

 ■扇風機のホコリ

  扇風機を掃除するには、分解しなければなりません。

   何だか面倒で、つい先延ばしにしたくなりますよね。

   そんな時は、

   「このまま使うと、ホコリの中のダニが部屋中に…」

   「もしホコリに引火したら…」

   と悪い想像をしましょう。

   きっと、掃除せずにはいられなくなりますよ。